アトピーと貴陽石|アトピーは完全に治るのか

アトピーはいまのところ、医学的には「治る」という断定はできないようですが、

アトピーを何とか治療したいと悩んでいる方が多いのも事実です。

ですから、「治療」というのはできるだけ症状を緩和することが目的です。

症状の緩和に関して、大事なことがいくつかあります。

これはアトピーに限りませんが、基本は規則正しい生活をすることです。

睡眠時間を十分にとり、ストレスをためないよう心がける必要があります。

さらに、食生活に注意し、清潔であることも重要です。

その上でスキンケアや専門家による薬物療法を行うことによって、

「根治」と言えるような状態も起こりうるのですが、

それはあくまで結果論であって、絶対的な治療法があるという意味ではありません。

貴陽石を使うのも一つの選択肢という捉え方でしょうか。

トップへ戻る


アトピーと貴陽石|アトピーの治療で大事なこと

まず、「アトピービジネス」にだまされないことです。
アトピーに限ったことではありませんが、人の悩みを利用して、そこにつけ込む業者はあとを絶ちません。

アトピーでいろいろと悩みを抱えているので、どうしても判断力が鈍りがちです。

アトピーは絶対に完治します」と言って、
効果のない物を高く買わせようとするビジネスが、実際に存在するので、注意が肝要です。

アトピーのことを勉強して正確な知識を持つことによって、理論武装することもある意味必要なことですね。



次に、掻かないことです。

これが一番つらいかもしれないですね。

でも、アトピーは、かゆいからといって、そのかゆみの部分を掻くことによって皮膚が傷つき、

症状がますます悪化していくという悪循環になりがちですので、
専門医に相談して、炎症やかゆみを抑える薬を処方してもらったり、

肌が乾燥しないようなスキンケアをすることが必要です。

トップへ戻る


アトピーと貴陽石|アトピーと赤ちゃん

アトピーでお困りの方は多いですが、
特に赤ちゃん(乳児)のアトピーは見ているほうもつらいですね。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎かどうかということは、専門の医療機関にいって診断を受ければ早いうちにわかります。

大人でならば、皮膚科へ行くところですが、赤ちゃんの場合は、
普通小児科で診てもらいます。

もし、赤ちゃんがアトピーと診断されたら、
次に、何が原因のアトピーなのか?という事を知るのが大事です。

何故なら、アトピーを引き起こす原因となるものを
赤ちゃんから遠ざけなければならないからです。

例えば、赤ちゃんを母乳で育てている場合、母親が卵や牛乳といった
アレルギーの原因となる食べ物をとらないようにしなくてはなりません。

きちんと調べるには、赤ちゃん専門の小児科のアレルギー外来など
で診断してもらうと良いでしょう。

トップへ戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。